Home » レッスン案内

レッスン案内

未経験の方から、プロを目指す方まで!
私たちと一緒にフラメンコを始めてみませんか?

フラメンコは難しい?

最初は全員初心者です。
始めてみれば、きっとできるようになります!

フラメンコは、これまでダンスを習ったことがない方が大人になってから始めても十分身につけることができる踊りです。当スタジオでは大学生からシニアまでが幅広くレッスンを受けていますが、フラメンコは年齢関係なく踊れるだけでなく、その時その時の年齢だからこそ出せる味わいが大切な踊りです。周囲にとらわれずご自分のスタイルを見つけてください。

足でリズムを打ち鳴らすのがフラメンコの特徴ですが、独特の上半身の動き、特に指先まで使う手首の動きなど全身を使って踊ります。最初は難しく感じるかもしれませんがレッスンでひとつひとつ丁寧にクリアしていきます。継続は力なり!です。

ステージに立つ!

レッスンの集大成は発表会。
舞台の上で輝くあなたに出会えます。

当スタジオでは年1回を目安に発表会を行っています。音楽の世界でよく言われる「100回の練習より1回の本番」と同じで、飛躍的に上達するチャンスです。将来的にはタブラオと呼ばれるフラメンコのお店で踊ったり、コンクールに出場することも可能です。

※発表会の映像はこちらからご覧になれます。

見学・体験について

入会・見学随時。
見て、聞いて、自分にあったクラスを探す。

教室の雰囲気を知っていただく為にも、ぜひ一度見学にいらしてください。
全てのクラスのレッスンが見学できますので、事前にお電話かメールでご予約ください。
入会も随時受け付けています!

※体験レッスンは受け付けておりません。
※レッスンスケジュールはこちらでご確認ください。

フラメンコのレッスンに必要なもの


フラメンコは足でリズムを奏でますので、レッスン時には裏に釘の打たれたシューズが必要です。

少しレッスンが進んでくるとフラメンコ独特のスカート(ファルダ)捌きを練習するようになりますので
準備していただくか、長めのフレアスカート等をご用意ください。

上着はTシャツやレオタード、ジャージなどの動きやすい服装で大丈夫です!

また、曲目に応じて扇や帽子などの小物が必要になる場合があります。

講師プロフィール

矢野吉峰 <やのよしお>

神田外語大学在学中にフラメンコに出会い、鍵田真由美・佐藤浩希に師事。
舞踊団のトップダンサーとしてスペイン公演をはじめとする数々の公演に参加。
17年間在籍した後に独立、自身のスタジオを主催し後進の指導にあたる。

フラメンコの聖地ヘレス・デ・ラ・フロンテラで開催される「フェスティバル・デ・ヘレス」に外国人として初めて招かれた話題作「FLAMENCO 曽根崎心中」(プロデュース・作詞=阿木燿子、音楽監修・作曲=宇崎竜童)では悪役・九平次を熱演。全国各地の公演でも好評を博す。

2003年ソロリサイタル「Fuego, Yunque y Fragua」2007年に3回目となる「Gracia[s]」
2010年代々木上原「MUSICASA」にて松彩果と共に「magma vol.2 矢野吉峰リサイタル」を開催。

受賞歴
1999年日本フラメンコ協会主催新人公演ソロ部門、奨励賞。
2000年同公演群舞部門、努力賞。
2001年同公演群舞部門、奨励賞。

主な参加作品
・文化庁芸術祭新人賞受賞作品「レモン哀歌 ~智恵子の生涯~」
・平成13年度文化庁芸術祭優秀賞受賞作品「曽根崎心中」
・フェスティバル・デ・ヘレス「SONEZAKI」
・文化庁芸術祭大賞受賞作品「ARTE Y SOLERA 歓喜」
・「ARTE Y SOLERA 歓喜」スペイン公演
・「FLAMENCO曽根崎心中」ル・テアトル銀座公演
・「愛こそすべて」ル・テアトル銀座公演
・フェスティバル・デ・ヘレス「Amor!Amor!Amor!」

TV・映画出演
・2004年 映画「東京タワー」
・2004年 NHK「素敵なフラメンコはいかが」
・2006年 テレビ東京「豪腕!コーチング」
・2007年 テレビ東京「ソロモン流」
・2008年 NHK「ザ少年倶楽部 プレミアム」
・2011年 NHK歌謡コンサート(キム・ヨンジャ「情熱のバラ」)
・2012年 NHKニューイヤーオペラコンサート「カルメン・ロマの歌」


レンタルスタジオ

過去のブログ記事

Sponsored by

Copyright(c) 2013 矢野吉峰フラメンコスタジオ 東京都 杉並区 方南町 丸ノ内線 フラメンコ教室 レンタルスタジオ All Rights Reserved.